Skip to content

男の自信を喪失させる疾患

男性はいつまでも性欲があり、相手さえいれば性行為を楽しめると思っているはずなんですが、自分がインポになってしまったら・・と考えたことがありますか?

大抵の方は、そういうマイナスな事は考えたことがないと思うのですが、加齢と共に性機能が衰えてくるという事もありますので、いつインポになるかわからないという事になるのです。

常に性行為を楽しんでいるから大丈夫!と思っている方もいらっしゃるでしょう。
今はバリバリの現役でも、少し先の事は分かりません。
インポなんて・・とバカにする方もいますが、いつか自分にその症状が出てしまえば悩むと思うので、いざという時のために治療法など調べてみるといいでしょう。

インポって治らないの?

多くの方がインポには無縁だと思っているはずですが、インポになったら本当に笑い事では済まされません。
インポになると、誰にも言えないと思いますし、医師に相談するにしても恥ずかしくて病院に行く事ができないという方もいらっしゃいます。

男の自信を喪失させてしまう疾患として注目していただきたいのですが、今後の性生活に問題が生じてしまいますし、自分自身も自信がなくなってしまいますので、症状に気付いたら早めに治療を始めましょう。

男性を侮辱する卑猥な言葉

最近はインポという事場を耳にしなくなりましたが、男性の勃起障害・勃起不全のことをインポと言います。
勃起しなくなる症状のことを言うのですが、みなさんはまだ大丈夫ですか?
若いから大丈夫!と答える方も多いはずですが、若くても疲労が溜まっていたりストレスや生活習慣の乱れでもインポになってしまう可能性はありますので、他人事ではないという事は理解しなければなりません。

若いときのように硬くなくなったと言う方もいらっしゃいますが、性行為ができるならあまり気にしなくてもいいかもしれません。
しかし、硬さが足りなくて気になる場合は、インポの治療を行うことも可能です。

インポの治療はとても簡単

手術などは必要なく、泌尿器科で薬をもらって治療する事になります。
彼女や奥さんとの性行為で、失敗してしまった事がある方は、もしかしたらインポになりかけているかもしれません。

毎回勃起しないわけではないという方もいらっしゃいますが、疲れのせいにするのではなく、勃起不全かもしれないという事も考えてみましょう。
インポという言葉は、あまり使われなくなりましたが、男性を侮辱するような言葉とされていますので、あまり使わない方がいいかもしれませんね。

医療機関を受診する際も、インポなんです。とは言いにくいはずなのでEDとか勃起障害薬という感じで伝えるといいでしょう。